2010年01月05日

大きな添付ファイルは送らないのがエチケット

容量が大きくて、重たいファイル。メールで、添付して、送信に時間がかかる。
ということは、受信にも時間がかかるということ。また企業やプロバイダによっては、メールボックスの容量が数MBなんてところもざら。もし、ドカンと大きなファイルを送ってしまったら、メールボックスが溢れてしまい、相手のシステムに影響がなんてこともありえます。


一昔前なら、大きいファイルって、動作が重たくなって、わかったものだけど、今のパソコンはさくさく動いてしまうから、気づかないものなんですね。

こんな時は、ファイルにカーソルを合わせて、マウスを右クリック、プロパティを表示させて、容量を確認する癖をつけておこう。

そして、ファイルを送るサービス、たとえば宅ファイルをつかって送信。安心して無料だからね。まずはサイトを確認してみよう!
posted by まり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅ファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅ファイルが送信できない!

宅ファイル便が送れない。どんな場合が多いんだろう。送信まで時間がかかる場合は、ネットワークの容量が細いこともよくあるみたい。相手にメールが届かない場合は、宅ファイルを使えないようにしている企業もあるみたいだから、送ろうとしている相手に聞いてみるといいようだ。

宅ファイルのQ&Aには他にもこんなものもあるよ。↓
送信がうまくできない、送信画面が進まない
送ったはずの相手に通知メールが届かない

教えて宅ファイル便っていうのもあるから、みんなに聞いてみるのも良いね!
posted by まり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅ファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅ファイルの歴史

宅ファイル便 は、大阪ガス がはじめたサービスだって知ってた??

今は、IT系子会社のエルネット が手がけているみたいだけど。現在、会員数150万人。10年を過ぎて、日本最大のオンラインストレージサービスなんだって。驚きだね!!
posted by まり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅ファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。