2010年01月05日

大きな添付ファイルは送らないのがエチケット

容量が大きくて、重たいファイル。メールで、添付して、送信に時間がかかる。
ということは、受信にも時間がかかるということ。また企業やプロバイダによっては、メールボックスの容量が数MBなんてところもざら。もし、ドカンと大きなファイルを送ってしまったら、メールボックスが溢れてしまい、相手のシステムに影響がなんてこともありえます。


一昔前なら、大きいファイルって、動作が重たくなって、わかったものだけど、今のパソコンはさくさく動いてしまうから、気づかないものなんですね。

こんな時は、ファイルにカーソルを合わせて、マウスを右クリック、プロパティを表示させて、容量を確認する癖をつけておこう。

そして、ファイルを送るサービス、たとえば宅ファイルをつかって送信。安心して無料だからね。まずはサイトを確認してみよう!
posted by まり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅ファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。